会社概要


会社概要

会社名株式会社 天高く(TENTAKAKU Co., Ltd.)
代表者栗原 清 (代表取締役会長兼社長)
所在地〒939-0351 富山県射水市戸破1555-1
電話番号0766-56-9988 (代表)
資本金3,040万円
設立1993年8月24日
従業員数100名
事業内容らーめん店経営、中華麺の製造、通信販売、イベント出展、海外フランチャイズ事業

会社沿革

スクロールしてください→

  店舗展開 主な出来事
1992年 11月
金沢市でらーめん屋を創業
 
1993年 12月
●富山県に小杉店を開店
(後に射水本店となる)
「富山黒醤油らーめん」を販売する
8月
有限会社ザトラ商事を設立
2003年 4月
「富山ブラック麺家いろは」に店名改称
※店名改称に合わせ、「富山ブラック」と「白エビ塩らーめん」を販売する
※この時点で「富山ブラック」を店名及びメニュー名で正式に使用するのは初
11月
●富山駅前にCiC店を開店(直営店)
1月
富山ラーメンまつりに「深層水ラーメン」を出品し、話題となる
12月
経営革新法富山県知事認定を取得
2005年   1月
株式会社天高くに組織変更
10月
お土産らーめん「黒」「白」を販売開始
2006年 3月
「浜松べんがら横丁」に県外初出店
(3年営業)
 
2007年 9月
東京お台場「ラーメン国技館」に出店
(1年限定)
※お台場店を中心にテレビ取材が相次ぎ、富山ブラックが大ブレーク
2008年 10月
石川県に「イオンかほく店」を開店
(6年営業)
5月
NHK「解体新ショー」でお台場店の行列捌きが紹介される
2009年 1月
●京都駅ビル店を開店(直営店)
4月
●海老名ビナウォーク店を開店(直営店)
4月
サークルKサンクスから「カップ麺」「ベビースターラーメン」を全国発売
5月
第1回東京ラーメンショーで第1位を獲得
(3日間で4041杯)※メディアの取材が殺到する
2010年 3月
石川県に松任店を開店(7年営業)
12月
富山県・砺波店を開店(3年営業)
6月
富山県観光連盟より特別功労賞を受賞
10月
富山県商工会議所連合会にて「富山県知事賞」を受賞
11月
第2回東京ラーメンショーで2連覇!
(5日間で13,355杯を記録)
2011年 7月
シンガポール店を開店。(限定2年)
9月
池袋東武店を開店。(限定1年)
6月
中国・北京・日本ラーメン横丁にイベント出店(6ヶ月間)
10月
日テレ「世界仰天ニューススペシャル」に出演。
11月
第3回東京ラーメンショーで3連覇!
(5日間で14,585杯を記録)
2012年 6月
ロサンゼルス店を開店(2年営業)
10月
ロサンゼルス2号店を開店(2年営業)
4月
テレビ東京「愛の貧乏脱出大作戦!」に店主栗原清が達人として出演
6月
富山県地域振興局長賞を受賞
11月
第4回東京ラーメンショーに富山麺遊会で出店
富山勢として4連覇達成!
(14,645杯の最高記録)
2013年 3月
●香港店を開店(FC1号店)
7月
東京・武蔵小山店を開店(2年営業)
2月
インドネシアで17日間の「料理の鉄人」イベントに出店
陳建一氏とコラボする
11月
NHK「大!天才てれび君」に生出演
2014年 6月
●中国・武漢店を開店(FC)
11月
第6回東京ラーメンショーで5度目の第1位
(5日間で10,999杯)
2015年 4月
●中国・上海店を開店(FC)
●中国・武漢2号店を開店(FC)
10月
●東京・秋葉原店を開店(直営店)
11月
●中国・上海2号店を開店(FC)
7月
テレビ東京「未来世紀ジパング」に登場!特集で紹介される
12月
ローソンが麺家いろはとのコラボ商品を発売
以後、年に2~3回新商品を共同開発する
2016年 3月
●タイ・バンコク店を開店(FC)
4月
●富山空港店を開店(直営店)
7月
●中国・上海3号店を開店(FC)
12月
●台湾1号店を開店(FC)
●中国・上海4号店を開店(FC)
 
2017年 9月
●中国・上海5号店を開店(FC)
12月
●ベトナム・ハノイ店を開店(FC)
 
2018年 8月
●中国・佛山店を開店(FC)
●愛媛県に松山大街道店を開店(FC)
9月
●タイ・バンコク2号店を開店(FC)
10月
第10回東京ラーメンショーで10年連続最多出店を認定される(この年、ハラールらーめんを出品)
※ハラールらーめんの取り組みがNHKで全国生放送され、その後数回に渡り同様の報道が続く
12月
全国260店舗のラーメン花月嵐で麺家いろはの富山ブラックをイベント発売する
2019年 1月
●中国・常州店を開店(FC)
6月
●台湾・2号店を桃園空港内に開店(FC)
3月
サンヨー食品から富山ブラックのカップ麺が全国発売される
4月
ロシアモスクワ№1のラーメン店【KU:】のメニューをプロデュース
アエロ航空機内誌でも紹介される
  ●印は既存店