2014を振り返って。


特別な気持ちで臨んだ今年の東京ラーメンショーでしたが、お陰様で売上数第一位で終わりました。その勝因は?今になって考えてみると不思議な感じです。

何でお客様が、一番多く並んでくれたのか?僕は12軒程食べましたが、どれも美味しく、魅力的なアイデアがあふれていました。その内容はガイドブックでも紹介されているし、来場者のほとんどが見ているはず。なのになぜ?うちが一番?

たしかに3年ぶり復活の富山ブラックではありますし、お客様の中には「待ってたよ!」の声も聞かれましたが1万人もの人が皆んなそうじゃないですよね。
そもそも「何を見て店を選ぶんだろう?」ご当地名?店のブランドそのもの?メニュー名?使ってる材料?あるいは写真が美味しそう?もちろん人それぞれでしょうが、何か人を魅きつけるポイントがあるんだと思います。って事は、うちはどこで魅きつけたんだろう?

ここを分析して解明すれば、繁盛店への道が拓ける?なんちゃってね。

あぁ、楽しかった!