富山ブラックってそもそも何?


昨日も、進化する富山ブラックの事を書きましたが、富山ブラックってそもそも何?実は僕自身詳しい事は知らなくて、10数年前にマスコミが富山の黒醤油ラーメンを取り上げた時にそう呼んだんだそうです・・・・?
だからどの店が富山ブラックを掲げて創業したってのはなくて、たまたま富山に濃い系のラーメンが多かったのでマスコミがおもしろがって、富山ブラックと呼んだんだと思います。たしかにうちも、以前は(今も使っていますが)富山黒醤油らーめんって言っていました。皆んなが富山ブラックって言うから、途中から、ま、それでもいいかなって思って富山ブラックを使わせてもらっています。

ところで富山ブラックの店ってどの位あるんだろう?
僕の知る限りではその系統の店は、富山市を中心に県内に20件程かな?その中でも一番の老舗は「大喜」さんだろうな。ここは塩っぱいのが特徴で、僕も年に数回は思いだしてハマってます。でも最近は経営者の方も変わったり、いくつか系列がある様で、黒と言うより、こげ茶に近い店もあるみたいだね。
僕の一押しは「めん八」さん。小杉(射水市)が本店で、婦中と高岡にのれん分けの店があるけど、僕は本店のオヤジが好きで、たまに行って、まわりの人にはケンカに見られるような議論をしています。ここのラーメンは、もちろん色は黒。それ程塩っぱいとは思いませんが、シンプルで、しっかりしたコクがあって、はっきり言って旨いです。他にもいい店がいっぱいあるので探してみて下さい。

しゃあ、麺家いろはの富山ブラックはどんなの?
うちのが黒い秘密は、独自製法の魚醤を使って毎日10時間程煮込みます。それで黒くなるんですが、醤油の角が取れてまろやかになり、鶏系と鰹系で取るスープと合わさると、決して塩っぱくなく、濃厚な醤油の香りと、深みのある魚の風味が味わえます。ま、一言でいえば「色は黒いがコクがあってあっさり。」ってとこですかね。ラーメンは本当に奥が深い。もっともっと旨いラーメンを作りたいっ!

ラーメン通販