富山ブラックラーメン「麺家いろは」

富山ブラック「麺家いろは」

日本最大級のラーメンの祭典「東京ラーメンショー」でV5達成の富山ブラックラーメン「麺家いろは」。富山湾の宝石、「シロエビ」の芳ばしい風味と磯の香りを生かした、「シロエビ塩ラーメン」や厳選した数種類の完熟味噌を合わせた、濃厚な味わいの「完熟味噌ラーメン」、完熟味噌に、四川豆板醤をブレンドして、深みのある辛さに。辛さは後から効いてくる「激辛味噌ラーメン」など多彩なメニューをご用意してお客様をお待ちいたしております。

名だたる名店が集う東京ラーメンショーでV5を達成できたことは、とても名誉なことで、誇りに感じています。東京ラーメンショーV5の名に恥じない美味しいラーメンを提供できるように頑張って行きたいと考えています。ご声援よろしくお願いいたします。

東京ラーメンショー8年連続出店

黒いスープの「富山ブラックらーめん」。色を見ると、さぞかし塩っぱいだろうと思う人が多いようですが、意外にもあっさりとした味わい。キレがよく、深いコクがあります。
その秘密は、スープに使う醤油。旨み成分を多く含み、塩分を控え目にするという独自の製法で造られた超濃厚な魚醤です。この魚醤は鯛を中心に数種類の魚介をブレンドしています。創業以来、麺家いろはではこの醤油を注ぎ足しながら使っていますが、まさに長い歳月をかけて熟成された秘伝の黒醤油といえるでしょう。らーめんを作るときは、これに丸鶏などを使った食肉系スープと、白エビや宗田ガツオなどで作る魚介系スープを合わせて仕上げます。このダブルスープの手法が、さらに豊かな味わいを生み出すのですね。
麺家いろはのこだわりが生んだ、ほんとうにおいしいブラック。「富山ブラックらーめん」を食べずに、ラーメンは語れません。

東京ラーメンショー2016出品

東京ラーメンショー2016

お店の味をそのままお届けする「本店直送便」お試しセット

本店直送便お試しセット

お店の味をそのままお届けするストレートスープの本店直送便通販

お店で提供しているラーメンをそのまま濃縮せずに冷凍ストレートスープでお届けする。ストレートスープの本店直送便もご用意いたしております。「富山ブラックチャーシューめん」「四川麻婆ブラック」「シロエビ塩チャーシューめん」「完熟味噌チャーシューめん」「激辛味噌チャーシューめん」の5種類をご用意いたしております。通販で麺家いろはの味をそのまま手軽にご自宅で味わっていただけます。お近くに麺家いろはのお店が無いお客様に最適です。濃縮スープでは再現できない、お店の味そののままを是非ご体験下さい。

自社企画の濃縮スープのラーメン通販

麺家いろはのラーメン通販の商品は全て自社で企画開発して販売しています。一般的に店頭で販売されている通販ラーメンはラーメン店が企画製造していると思っていらっしゃる方も多いと思いますが、一軒のラーメン屋がラーメン通販の商品を企画すると言うことは、実は大きなリスクを抱えているのです。

通常ラーメン店には商品の販路がありません。お客様をお店に呼び寄せる努力はしていても、商品の販路開拓などするわけがありません。確たる販路を持っていない中でラーメン通販の商品を製造すると、麺やスープの発注ロットを短期間で消化できずに、不良在庫となり賞味期限が切れて材料を廃棄して大きな損出を出す恐れがあります。しかし、当社はラーメン通販を始めました。当初はあまり売上も上がらず長い期間赤字が続きました。

幸い、最近では部門単体での黒字化もできるようになり、かなり軌道に乗り始めています。

多くのラーメン通販の商品は、パッケージの表にはラーメン店の店名が書かれていますが、パッケージの裏側の製造者がラーメン店では無い場合が多くあります。○○食品や○○麺業、○○製麺などラーメン店ではなく、製麺業者がラーメン通販の商品を企画製造している場合が多いです。しかも、その製麺業者が多くのラーメン店のラーメンを作って販売していることに驚きます。パッケージの裏を見ると、あれも、これも同じ業者が作っている!と言うことが良く分かります。

一つの製麺業者が多くのお店のラーメンを企画販売することで、販売ルートの開拓にも、多くの玉を持って営業できるので、営業効率も良く、どんどん販路開拓もできます。また、自社の麺も大量に製造販売することができるのです。

一方のラーメン店は自社で、麺やスープを仕入れて販路を開拓する必要もないので、リスクはありません。そして、販売額に応じて1%~2%程度のロイヤリティをもらうのです。この方法だと、名前を貸したラーメン店には何のリスクもなく、製造が始まった段階で、ほぼ間違いなくロイヤリティ収入が発生する訳で、製麺業者から声をかけられれば、ほとんどのラーメン店は契約するでしょう。ほとんどのラーメン店は当社が歩んできたリスクを回避して、赤字経営を乗り切る覚悟が無かったのでしょう。

この方法で販売するラーメン店は味については、製麺屋さんにある程度任せていて、店主は何度か試食する程度です。オペレーションは製麺業者がするので、クレームがあっても自分のお店に来るわけではありませんから、通販についてあまり頓着しなくて良いのです。当然、お店で使っている麺とは違う製麺業者の麺なので、お店の食感とはかなり違うものになっているでしょう。

このような製麺業者の企画のラーメン通販ではない、麺家いろはのラーメン通販商品は自社で麺の食感やスープの味を吟味して、麺家いろはの名に恥じないラーメンをお届けできるように努力いたしております。2012年5月末にはスープをリニューアルいたしまして、さらに美味しくなりました。

ラーメン通販の商品をお買い上げの場合には、パッケージの裏の製造者を見るようにしましょう。表面の店名と製造者が同じラーメン通販商品はほとんどないことに驚くことでしょう。自社で企画した通販ラーメンはほとんどありません。

ラーメン通販の例外としては、ストレートスープのタイプ(当社では、本店直送便)のものは、お店の味をそのままお届けすると言うコンセプトから、お店のスープをそのまま冷凍にして発送しますので、製造者はラーメン店になります。ですから、本当に美味しいラーメンを食べたい方は、値段は高くなりますが、ストレートスープのラーメン通販をご利用になることをお勧めします。

是非、当社が自信を持ってお届けする。自社企画の麺家いろはのラーメン通販をお試し下さい。